脂肪またはヒアルロン酸を注入するペニス増大手術にある特徴

“ペニスの太さや大きさに悩みを抱えている男性はペニス増大手術を受けるという解決策があります。
トレーニングやサプリを飲むという解決策では時間がかかることがありました。

ペニス増大手術には手っ取り早く解決できるというメリットがあります。
しかしメスを入れるのでは抵抗を感じることが多いです。
そこで注入によるペニス増大手術を紹介していきます。

〇脂肪を注入するペニス増大手術

注入によるペニス増大手術には自分の脂肪を採取し、注入するという方法があります。
注入した脂肪が定着すれば効果の持続期間が長くなります。

異物を身体に混入すると拒絶反応が起きかねません。
しかし自分の脂肪だから拒絶反応の心配が殆ど無いというメリットがあります。

このペニス増大手術ではお腹周りなど脂肪が多く付いている部位から採取します。
脂肪じたいが無くなるため、お腹周りの脂肪が付き難くなっていきます。

その代わりに脂肪を吸引し、ペニスに注入するという流れが必要なため、何回か通院することが必要です。
脂肪を採取した部位と注入した部位と両方腫れることがあります。

ペニス増大手術当日はシャワーを浴びられませんが、翌日からできるようになります。
入浴は3日後、性交渉は1週間後が目安です。
脂肪を吸引した部位は糸での縫合が行われるため、手術後1週間ほど経ったら抜糸のための来院が必要になります。

〇ヒアルロン酸を注入するペニス増大手術

ヒアルロン酸を注入し、ペニスを太くする大きくするという方法もあります。
脂肪注入の場合は自分の脂肪を吸引することが必要ですが、ヒアルロン酸なら既に準備されているものを注入できます。
そのため脂肪注入より受けやすい方法となっています。

手術が短い時間で終了するため、仕事などで忙しいという男性にもピッタリです。
メスを入れる手術よりもダウンタイムが短いため、すぐに復帰したい時にも便利な方法となっています。
ヒアルロン酸は関節や皮膚など身体の様々な部位に存在しているため、ペニスに注入しても拒絶反応が起こる心配は殆どありません。

ヒアルロン酸は脂肪と違い、少しずつ身体に吸収されていくといった関係上、効果も少しずつ弱まっていきます。
メスを入れる手術では仕上がりが気に入らないと言っても元に戻すのが困難です。

しかし吸収されるヒアルロン酸注入なら安心です。
効果が弱まったため、また太く大きくしたいという時はヒアルロン酸の再注入を受けることが必要です。
品質の悪いヒアルロン酸を注入すると何等かの問題が起きる可能性があるため、高品質のヒアルロン酸を注入しているクリニックを選びたいところです。

シャワーは翌日から、入浴は3日後、性交渉は1週間後が目安です。
ヒアルロン酸の場合は抜糸のための来院は不要となっています。

〇注入によるペニス増大手術の注意点

脂肪注入もヒアルロン酸注入も自費診療のために保険が効きません。
料金は全額自己負担となる上に、クリニックによって料金が異なるため、事前に幾らかかるのか調べておいて下さい。

担当ドクターの技術力が低いと仕上がりが悪くなる可能性があります。
技術力が高く仕上がりも重視しているドクターが在籍しているクリニックを選びたいところです。
その他にも注入できる量には限界があるという点にも注意して下さい。”

本当に効くペニス増大サプリランキング

ペニス増大器具として高い評価を獲得しているアンドロペニス

“・多くの国や地域で利用されるアンドロペニス

ペニス増大器具のひとつであるアンドロペニスは、多くの国や地域で利用されるものとして評価されています。ペニスを長くしたいと思う人にとっては、積極的に利用することが良いと評価されるアイテムであると考えられているため、世界的規模で利用されることに繋がっています。昨今は、100以上の国や地域で利用されるペニス牽引のためのアイテムとなっており、高い水準のニーズを誇るものと考えられています。

日本国内においても、アンドロペニスは普遍的に販売される店舗が多くなってきています。手軽に購入することが可能であり、ペニスの長さを実際にアンドロペニスの器具で伸ばせている人が、少しずつ増加してきていると言えるのではないでしょうか。正しい方法で利用することに伴い、着実にペニス増大が期待できるとされているため、日本国内での支持も高くなってきていると随所で認識されることに繋がっているのではないかと思います。

・装着時は常にペニスに負荷

アンドロペニスは、陰茎に装着している場合には、常にぺニスに対して負荷の掛かった状態を作ることが可能です。陰茎に負荷が掛けられることで、ペニスの全体的な長さを伸ばす作用や、ペニスの細胞数自体を増やすことにも寄与するものとみられています。アンドロペニスを装着する時間をある程度確保することによって、ペニスが長くなる作用が増幅する可能性もアップしていくとみられていることから、積極的にこの器具を利用することが望ましいとされています。

負荷の掛けられる状態で矯正することが、このアンドロペニスの特徴的な部分として挙げられるでしょう。そのため、他にペニス増大効果を引き出すために必要な取り組みはなく、器具をペニスに取り付けるだけでペニス増大が促進されると考えられています。こうした側面は、ペニスを長くしていきたいと思う人々にとっては、手軽に実践できるメリットとして受け入れられつつあり、利用される機会が増しているのではないかと推測されています。

・長期的な利用でペニス増大効果が定着

アンドロペニスの器具は、継続的に利用することでペニス増大の効果が定着するとされています。一般的には半年程度のスパンで、このペニス増大器具を取り付ける習慣を継続することがベストであると提唱されています。出来るだけ毎日習慣的にペニスに装着し、半年続けることで3cm以上のペニス増大を実現させることのできる可能性が生じてきます。個人差はあるものの、アンドロペニスを利用する前よりも大幅にペニス増大を図ることに期待が持てるのではないでしょうか。

半年以上、アンドロペニスの器具を利用することに伴い、ペニスの長さが伸びた状態で維持できることも見込まれるのではないかと考えられています。そのため、効果が出始めた後も、そのまま使い続けて長さを定着させる動きもアンドロペニスのユーザーたちからしばしば実践されているとみられています。こうした利用方法で、ペニス増大の効果を薄れさせないということに対しても、強く期待が持てるのではないかと見込まれています。”

2chのペニス増大サプリの口コミの特徴と叩かれている商品の共通点

“・2chのペニス増大サプリの口コミの特徴

商品を購入する際に2chの口コミをチェックするという人は少なくないと言えます。その理由は2chは匿名性が高いので発売されている商品に対する口コミがストレートに書かれているのが特徴だからです。特にペニス増大サプリは知人には相談しにくい商品と言えますし、2chにおいてはペニス増大サプリも例外でなくほとんどの商品がかなり叩かれているのが現状です。実際にどのような口コミがあるのか以下に挙げておきます。

「ペニス増大サプリは正直お勧めできない。配合成分を見ると訳の分からない成分がいろいろ含まれている上に配合量が記載されていないので信用できない。」

「海外製のサプリは日本では禁止されている成分も含まれているから怖くて飲めない。」

「ペニスのサイズアップの為にペニス増大サプリを試してみたけど、副作用ですごく頭が痛い。海外の安いサプリだったのがマズかったかも。」

「海外サプリは絶対に止めた方がいい、ペニスのサイズを大きくする為に命を懸ける必要はない。」

・2chの口コミで叩かれているペニス増大サプリの共通点は

2chの口コミを見ていると叩かれているサプリには共通点があります。その共通点というのは海外製、配合成分が良くないといった口コミが多く見られます。海外製のサプリに対して安全性に不安があるという声が多いのです。実際に日本では承認されていない成分が含まれていると言えますし、副作用があったという口コミもあります。それ故に海外製サプリを摂取するのは止めておいた方が無難と言えるでしょう。第一海外製のサプリは日本人が摂取することを前提に作られている商品ではありません。

アメリカ製のサプリは当然白人、黒人といった日本人よりずっと体が大きな男性が飲むことを想定して作られているので体が小さい日本人男性が摂取すると成分が過剰摂取になってしまう場合があるのです。勿論過剰摂取したらすぐに悪影響がでるという事ではないのですが状況や体質によっては副作用が出るケースも考えられます。

・2chの口コミで評価が高いペニス増大サプリとは

ネガティブな口コミが多いのは本当ですが2chのペニス増大サプリの口コミの中にはいい口コミも存在します。そんないい口コミ意見が多いのがGIMULOT α(ギムロットα)という商品です。このGIMULOT α(ギムロットα)というペニス増大サプリの特徴はL-シトルリンの含有量が46,800㎎と業界トップな点です。あとクラボワスカという成分もペニス増大効果が期待できます。それにこのサプリは国内産だから安心した飲めるのが魅力です。

他にも2chで評判がいいペニス増大サプリがヴィトックスαと言えます。このヴィトックスαは知名度が高く様々なランキングサイトでも常に上位にランクインしている商品です。その上2chでも評価が高いサプリなのでかなりの効果が期待できます。シトルリンをはじめとしてペニス増大効果がある100種類以上もの成分が含まれているのが特徴で、ヴィトックスαは元はアメリカ産のサプリですが日本人向けに改良されて日本国内で生産されているので安全性の心配もありません。”

ペニス増大サプリの効果は嘘・本当?飲み方や生活習慣に気をつける!

“男性の大きな悩みとなるペニスの増大をサポートしてくれる効果が期待できるのがペニス増大サプリですよね。
でも、その高価について口コミなどでは効果が嘘であったり本当であると意見が分かれてしまっています。

そこでどちらが本当・嘘なのかを調べてみたので、ペニス増大の悩みがある方はぜひ参考にしてみてください。

・効果が嘘と言われている理由は?本当に効果がないの?

口コミの中にはペニス増大サプリを飲んでも効果が実感できなかったというものがあります。
もちろんサプリは薬ではないので、その効果には個人差があります。
なので、本当に効果がないという結果になってしまう人もいることは事実です。

ですが、もしかすると効果がなかったという人はペニス増大サプリ以外の部分で効果が実感しにくい状態になっていた可能性もあります。
例えばどれだけペニス増大サプリでサポートしていても、飲み方が間違っている・生活習慣や食生活をおろそかにしていると結果に繋がらなくなってしまうこともあります。

・ペニス増大サプリを効果的に飲む方法とは?

ただ飲んだからすぐにペニス増大サプリが男性の悩みに役立つというわけではありません。
基本的にはペニス増大サプリをしっかりと飲み続けることがポイントになります。

そして、ペニス増大サプリを効果的に活用したい場合におすすめの飲むタイミングは

・就寝する前
・ペニス増大エクササイズの前
・空腹時または食後

以上になります。

サプリですので、自由に時間が決められるのも良い所ですよね。
例えば活用したいペニス増大サプリの1日の摂取目安量をわけて飲んでみるのもおすすめです。

なかなか効果が実感できないという方は、効果は嘘だったと諦める前に飲み方・タイミングを変えてみてください。

・ペニス増大サプリと合わせて気をつけたい食生活

いくらペニス増大サプリでサポートをしても、食生活がめちゃくちゃだと効果が嘘になってしまうことも考えられます。

まず、ペニス増大をしたいと思ったときに変えたくなるのが食生活ですよね。
例えば牡蠣や大豆食品などペニス増大に役立つ食べ物はたくさんあります。

けれど、そればかり食べていては栄養が偏ってしまって結果としてペニス増大に役立たなくなってしまうこともあります。
できるだけバランスの良い食事を心がけて、あくまでもそのサポートとしてペニス増大サプリを役立ててください。

また、お酒の飲み過ぎもペニス増大にとってはあまりおすすめすることができません。
それはお酒を分解することに忙しくなってしまうため、ペニス増大にまで回らなくなってしまうためです。
いくら頑張ってペニス増大サプリを飲み続けても、たくさんお酒を飲み続けてしまえば悩みが増してしまうこともあります。

・生活習慣を見直すこともペニス増大には大切です!

そして、次に気をつけたいのが生活習慣です。
喫煙・睡眠不足・運動不足はペニス増大にとっても気をつけたいポイントです。

まず、タバコは血管を収縮させて血流を悪くしてしまう成分が含まれています。
そのためタバコを吸うことでペニス増大の悩みが深くなってしまうこともあります。

眠っている間に男性ホルモンが分泌されているので、眠っている時間が短くなってしまうとペニス増大の妨げになってしまうこともあります。
できるだけしっかりとした睡眠をとれるようにすることが大切です。

そして、最後に運動です。
ペニス増大と運動は関係なさそうではありますが、実は運動をすることもペニス増大にとっては必要なことです。
筋力をアップすることによって血流を改善へと導き、その結果としてペニス増大にも役立ちます。

ぜひ、ペニス増大サプリを飲みながら生活習慣も見直してみてください。

ペニス増大サプリを摂取することの危険性と副作用のリスクについて

“ペニス増大サプリの危険性

海外で製造されているペニス増大サプリの中には、危険な成分を配合していたり、有害物質が配合されていることがあります。危険な成分には、FDAで認可されていない成分やED治療薬で使用されている成分などがあり、これらの危険な成分を配合しているサプリメントは摂取しないようにしましょう。有害物質には、サプリメントで使用することを禁止されている着色料などがあり、外国産のサプリメントの中には塗料として使われているペンキを着色料として使用していることもあります。
日本産のペニス増大サプリは世界でもトップレベルの厳しい規制をクリアしていますので、外国産のものと比べると安全性は非常に高いです。また、日本国内のサプリメントの製造工場はGMP等の厳しい管理基準に則って生産されており、品質の高いサプリメントを製造することが可能です。よって、日本製のペニス増大サプリは安心して摂取することができます。

ペニス増大サプリの副作用

ペニス増大サプリはペニスを大きくする成分を配合しているサプリメントであり、医薬品ではありません。医薬品ではないため、ED治療薬のような副作用はなく、安心して飲むことができます。ただし、外国産のペニス増大サプリの中にはED治療薬にも使用されている成分が配合しているケースがあり、一部の外国産のペニス増大サプリを摂取すると副作用が出ることがあります。日本製のペニス増大サプリは薬事法でサプリメントに医薬品の成分を配合することは禁止されているので、副作用のリスクはありません。
一部の外国産のペニス増大サプリの副作用として、頭痛や体のほてり、下痢などの症状が出ることがあり、これらの症状が出た時には摂取を中止するようにします。このような副作用が出る理由は、ED治療薬で使用されている成分を配合しているためです。日本製のペニス増大サプリはED治療薬に使用されている成分は配合されていないので、頭痛やほてり等の副作用の心配はありません。

ペニス増大サプリを摂取する際の注意点

ペニス増大サプリには日本製と外国製がありますが、日本製の方が安全性が高いので、なるべく日本製のものを選ぶようにすると安心です。もちろん、外国製のサプリメントの全てが安全性に問題があるわけではありませんが、購入時は含有成分や摂取している人の口コミなどを参考にして慎重に検討するようにします。
ペニス増大サプリは一度にたくさん飲むと効果が高まるというわけではなく、適量を飲むことが大事になってきます。一度に大量に飲んでも全ての有効成分が体内で吸収されることはなく、余分な成分は吸収されずに体外に排出されるだけです。ペニス増大サプリには注意書きが添付されていますので、注意書きに書かれている用法用量を厳守して摂取するようにしましょう。
食物アレルギーがある方は、ペニス増大サプリにアレルギー物質が含まれていないのかをチェックすることが必要です。含有成分は商品パッケージやホームページなどに記載されていますので、含有成分や原材料を確認してから購入するようにします。”

ペニス増大サプリはどこ産がいい?海外産と国内産の違いとは

“ペニス増大サプリを選ぶ際に気になるのが成分、そして産地ではないでしょうか。海外産は効果があるのかも知れないけれど本当に安全なのか、一方国内産は本当に効果があるのか、ここが気になっている人が多いと思います。
今回はペニス増大サプリの海外産と国内産のそれぞれの特徴を比較しながら紹介していきます。

・安全性はやはり国内産

まずは安全性を見ていくとやはり国内産のほうが安全だと言えるでしょう。
特に注目したいのが国内産は日本人の体のことを考えて作られているというのがポイントです。日本人と外国人では摂取して体に取り込まれやすい成分と取り込まれにくい成分があります。
海苔が外国人の体では消化できないという話は有名で聞いたことがあるという方はいるのではないでしょうか。
これはサプリメントでも言えることです。海外産のサプリメントでは日本に馴染みのないハーブが使用されている場合があります。これをうまく体内で消化できずに体調を崩してしまうという人もいます。
これ以外にも許容量も違ってきます。外国人ならば耐えられる量の成分であっても日本人には過剰で副作用が出てしまうこともあります。
このように使いやすさを比較してみると国内産のほうが安全で使いやすいと言えるでしょう。

・効果も国内産のほうが現れやすい

続いて効果です。海外産は効くというイメージがありますが、基本の効果は同じ様なものが多くなっています。
ペニス増大サプリは一般的にシトルリンやアルギニン等のペニス海綿体組織を成長させる成分を多く含んでいます。これらを摂取し続けることでペニスが増大していくという仕組みです。
つまりシトルリンやアルギニンを多く摂取すればいいのかと言うとそれだけではありません。大切なのはバランスです。
摂取しすぎてしまうと負担が多く掛かり逆効果になってしまうということもあります。
そのため効果が出やすくなるのは日本人に合ったバランスのものということになります。
さらに国内産のほうが添加物などが少ない可能性が高いというのもポイントです。
サプリメントは日常的に飲み続けるものです。その中に不純物が多く含まれているとそれを常に摂取し続けるということになってしまいます。その状態が体にいいわけがありません。
そういった面を含めても国内産のほうが使いやすくなっています。

・サプリメントによっては海岸産を改良しているものも

安全性、そして効果の出やすさを見てみるとやはり国内産の方が使いやすいという印象です。
一方で海外産のペニス増大サプリは使いにくいと思ってしまったかも知れませんが、そのようなこともありません。国内産と同じ、天然成分を使ったサプリメントもあり、日本人に効果があるものも多くあります。サプリメントによっては日本向けに販売するために成分や量を調整しているものもあります。
海外産を使う場合には成分などの品質をしっかりと確認をしてからまずは少し試してみて、問題がなければ使用するようにしてみてください。”

健康な体でこそ精力もアップ!ペニス増大に役立つ食べ物とは

“健康な体であってこそ精力がつきますし、ペニスも増大してくれます。
そんな健康な体を作っているのが食べ物ですよね。
栄養バランスの整った食事というのが実はとても重要で、それにプラスして精力アップなどにいい食べ物を取るのが効果的なんです。
そこで、ペニス増大に役立つ食べ物を紹介しましょう。

・血流アップに欠かせないシトルリン

ペニス増大サプリにもよく入っているシトルリンという成分は、アミノ酸の一種なんです。
30代辺りから体内のシトルリンの量が減ってしまって、勃起しにくくなったり精力が低下してしまうんです。
ペニスに流れる血流をアップする働きがあるので、ペニス増大には絶大な効果を持っています。
元々スイカから発見された成分なので、スイカにたっぷり含まれています。
その他、メロンやゴーヤ、きゅうりなどの瓜系の食べ物にも入っているので、なるべく食べるようにしましょう。

・精力アップの基本アルギニン

アミノ酸の一種であるアルギニンも、30代辺りから少なくなってきて、精力が減退する原因になる成分ですね。
精力アップに多大な貢献をしてくれて、血管を拡張して血流をよくしたり精子の質を高めたり、成長ホルモンの分泌を活発にする働きがあります。
どれもペニス増大には重要なものばかりなので、アルギニンはシトルリンとセットでしっかり取るのがいいでしょう。
結構色んな食べ物に含まれていて、肉類や魚介類、卵や大豆製品なんかに多いです。
どれも日常的に食べやすいものばかりだから、上手に食事に取り入れていきましょう。

・セックスミネラルの亜鉛

セックスミネラルと呼ばれていて、ペニスだけでなく男性の色んな悩みに効果があるミネラルが亜鉛です。
精力増強や血行促進、男性ホルモンと成長ホルモンの活性化など、幅広い効果を持っているんです。
ペニス増大のために亜鉛を取るなら、イチオシなのが牡蠣です。
亜鉛の含有量が断トツに多いし、疲れない体を作ってくれるビタミン類も豊富です。
ペニス増大に役立つたんぱく質をたっぷり取れて、まんべんなく栄養を含んだ優秀な食材ですね。

・健康な体に不可欠なビタミン類

健康な体を作るために必要不可欠なのがビタミン類です。
体が疲れにくくなるし、疲れても回復が早くなったり代謝を高める作用もあるんです。
老化を防止する働きや血行促進にも役立つので、総合的に精力を高めるのに効果的なんですね。
野菜や果物などに多く含まれているので、不足しないように取るのが大事です。

・精のつくもの全般

スッポンやマムシ、ウナギやニンニクなど、一般的に精がつくと言われているものはたいていペニス増大に効果がありますね。
ただ、スッポンやマムシなんかは日常的に食べるのは不可能なので、ここぞという時にスッポン鍋を食べたりなど、上手に外食を生かしましょう。
ニンニクやウナギ、レバーなどはスーパーにもよく売っているので、食事に取り入れやすいでです。
上手に料理に取り入れる工夫をしてスタミナアップすることで、ペニス増大にもつながります。
これらは精力剤にもよく含まれている成分や材料なので、手っ取り早く精力剤に頼るのも時にはありです。”

日本のペニスサイズの平均と、女性の目線で見た時の理想の大きさ

“銭湯や海水浴場での更衣室などで他の男性と自分のペニスを比べたり、始めて性行為を行うパートナーの視点で自分のペニスが満足なサイズなのかで不安を持つことはあります。
男性同士では仲間内での話題くらいにしかなりませんが、女性と性行為をする際にはその人の過去の男性のサイズよりより理想に近いものでありたいと思います。
男性目線の理想値と女性目線での理想値は必ずしも一致しませんが、パートナーの喜ぶ理想のペニスと平均値の差異について記そうと思います。

【長さの平均】

国単位でも差はありますが、平均的な日本人のペニスの長さは凡そ13.5㎝前後になります。
食生活や、遺伝的体質、思春期の生殖器の成長期の状況によってももちろん異なりますが、一般的にはこの長さです。
各研究機関でのそれぞれの統計やデータにも数ミリ程度の誤差はありますが一貫して13.5㎝前後になっています。
自分の長さを知るためには、勃起をさせた状態で定規を根元に当てて先端までの長さを図ります。
お腹にめり込ませずに計測したその長さと平均値を比べてみるとおおよそ長いか短いかがわかります。
肥満体質の人はそれだけで陰茎が埋没しているので痩せると長くなることも大いにあり得ます。

【太さの平均】

太さにに関しては計測は3パターンあり、カリの幅の広さ、陰茎の幅の広さ、トータル的な太さで外周のサイズがあります。
それぞれで定規をペニスに交差するように当てて計測は可能です。
カリ首の日本人の平均は幅約3.5㎝、陰茎の最太の部分の平均は3.2㎝、外周は11.5㎝と言われています。

【理想のペニス】

長さに関しては、男性同士では長ければ自慢になるかもしれないですが、女性にとっては長すぎると膣内の奥を圧迫することで苦しさや痛さを感じるケースもあります。
そういった際には相手を気遣ってちょうどいい分の挿入に切り替えた方がいいと思われます。
ちなみに女性の求める理想のペニスの長さは14~15㎝で若干平均値より長い数値となっています。
また、太さに関してはカリのサイズも3.5~4㎝と、外周は12.5㎝になっています。
長さ、太さともに1㎝程のサイズアップ、つまり一回り大きいくらいが女性の理想に近いとされています。
当然、男性器のも差があるように、女性器も様々あり、膣の入り口が狭い人には太いペニスは痛さを伴うので、理想がすべての女性に受け入れられるわけではないです。
話し合えるパートナーであれば、サイズに関してもハッキリ言ってもらって、チントレやサプリメントなどの利用でその人にとっての理想に近づけるほうがいいかと思います。

【長さ太さ以外に硬さも重要】

サイズに関しての女性の理想は個人個人で違いうのは容易に造像できますが、共通項目で硬さが理想に対してくっついてきます。
日本人はペニスの硬度が高く、カチカチになると膨らんだ自転車のチューブくらいになります。
当然、世の中の女性としても硬度は高い方が良しとされているので、これは日本男児としては大きなアドバンテージになります。”

ジェルキングのチントレを実践することによるペニス増大の効果

“・太さと長さの両方に効果が期待できるジェルキング

ジォルキングの方法は、ペニス増大に関する効果が強く期待できるのではないかと考えられる方法として注目されています。太さと長さの両方に効果が実感できる可能性を持っており、増大のためのチントレとして、多くの男性から展開されています。適切な手法でジェルキングを進めることによって、着実にペニスの増大に関わる作用が期待できるようになるのではないでしょうか。

ジェルキングは、陰茎を温めて血流を促進し、ローションなどの潤滑油になるものを塗ります。そして、亀頭の先端まで血液を流すようにストロークを繰り返すという方法が一般的です。この際には、ペニスは半勃起の状態を維持しながら展開することが大事であるとされています。完全な勃起状態では、陰茎を痛める可能性があることから、半勃起の状態をキープすることが求められると考えられています。こうしたチントレの方法は、現在では最もポピュラーであると認識されています。

・ジェルキングを行う人が体感している効果

ジォルキングを実際に行っている人の多くが、ペニス増大に関する効果を強く体感しているのではないかと考えられています。太さや長さをそれぞれ希望する水準まで大きくできている人が多く、このようなチントレを積極的に展開することが望ましいと認識されることにも繋がっています。正しいやり方を徹底することによって、陰茎の見た目をたくましくすることにも繋がるため、多くの男性にとって実践する価値のあるものとして推奨されることにも関わっています。

ジェルキングに取り組む人によっては、長さが3cmから5cm程度長くなったという人も存在します。伸び方としては非常に順調であると言える水準であることから、他の方法に比べてもチャレンジしやすい状況にあるのではないかと思います。他のチントレの方法と並行的にジェルキングを進めることでも、このようなトレーニングの効果が強く期待できるようになるのではないでしょうか。少しずつ陰茎を増大させたいと思う人にも、適した取り組み方になるでしょう。

・亀頭の増大にも繋がる可能性がある

ジェルキングでは、陰茎の太さや長さを増大させることが主な目的として挙げられているものの、亀頭の増大にも寄与する可能性があるのではないかと考えられています。そのため、継続的にこのチントレの方法を取り入れる人が、幅広い年代において散見されることに繋がっており、このメリットにも関心が強く示されています。亀頭の増大が実現されると、ペニスの全体的な増大効果を高めることも期待できます。

亀頭全体をバランスよく増大させることができるとみられ、ジェルキングで着実にペニスの全体的な増大に繋げている人が多くなっています。血流促進の作用が、こうした亀頭の部分の増大に関連していると考えられており、このチントレにおける特徴のひとつとして、しばしば取り上げられているのではないかと思います。ペニスを痛めることなく展開できるチントレとしても注目されていますが、亀頭増大という効果も関心が寄せられるのではないかと考えられています。”

家族にバレずに自宅でもできる簡単にできるチンコを大きくする方法

「食事によるチンコを大きくする方法」

チンコのサイズが小さいことがコンプレックスだが、そこにお金をかけるのは抵抗があるという人は多いが、それには日々の食事によって大きくする方法が良いでしょう。そもそもチンコは他の体の臓器などと同じ細胞から成り立っています。なので特にタンパク質の摂取が重要だが、現代人はタンパク質が不足しているのでサイズを大きくしたいならタンパク質を積極的に摂取する必要があります。

さらに勃起する際には精力の基となる成分が欠かせないが、それが亜鉛と呼ばれる成分なので精液の生成には必要不可欠な成分です。なのでサイズアップに対してももちろん亜鉛は欠かせないが、それと同時に勃起力が低下していたり精力が低下している場合にも亜鉛の摂取が欠かせません。

ちなみにタンパク質と亜鉛の両方が含まれる食材は牛肉や豚レバーなどに豊富に含まれているが、あまり肉料理を食べ過ぎると血液がドロドロになってチンコに血液が送られなくなる可能性があるので、タンパク質なら大豆製品で摂取して、亜鉛は最も多いのが牡蠣だが手軽に摂取するならアーモンドなどのナッツ類で摂取すると良いでしょう。

「トレーニングでチンコを大きくする方法」

サイズを大きくするには自宅でも行えるトレーニングなら誰にも知られずに大きくすることが可能で、道具も必要なので食事と同様にお金をかけることなく行えます。そのトレーニングとは引っ張りトレーニングで、その名の通りチンコを引っ張って行うトレーニングです。目的は体の中に埋もれているチンコを引っ張り出すことで実は手術で長くする長径術も基本的にはこれと同じ仕組みです。

チンコは目に見えている部分が全長になるが、実は何割かは根元の部分が体に埋まっているので、それを外に引っ張ることでサイズを大きくするというものです。特に太っている人は脂肪が原因で体の中に埋まっていることが多いので、引っ張りトレーニングで大きく変化する可能性があります。

同じく自宅で行えるトレーニングとしてミルキングと言う方法があるが、これは勃起した状態で牛の乳搾りのように根元からチンコの先端に向かって血液を送るトレーニングです。勃起したチンコを手で握って根元から順番に乳搾りのように握ると先の方がパンパンになるので、それを繰り返し行えばサイズアップを目指すことが可能です。

「サプリメントで大きくする方法」

チンコを大きくするには食事が効果的だとお伝えしたが、これは体の成長に必要な栄養素を摂取することで大きくするものなので、それに必要な成分だけを凝縮して配合されているのが増大サプリメントです。チンコにはタンパク質や亜鉛など様々な栄養素が必要だが、他にも必要な栄養素があってそれらが相乗的に作用することでサイズアップすることができます。

しかし、全ての栄養素を毎回の食事でバランスよく摂取することは非常に難しいので、それならサプリメントで摂取した方が確実にサイズアップをすることが可能です。特にシトルリンとアルギニンが配合されたサプリメントはサイズアップだけでなく、精力が低下している人や勃起が満足にできない人にも効果がある場合があるので、男性機能に悩みを抱える人にはとても有効な手段です。

また、チンコのサイズを大きくすることや精力をアップさせることは体全体の健康にも深く関わっていることなので、普段疲れやすかったり以前より体力が落ちたと感じている人は、それらの悩みも同時に改善できる可能性があるので嬉しい効果が満載です。”